フランスの外車を低金利自動車ローンで購入 買取も高いのでお得

フランスの外車を低金利自動車ローンで購入 買取も高いのでお得

以前フランス車を買ったときに自動車ローンを利用しました。別にローンを使う必要性はなかったのですが、金利が2%と低かったのです。

外車のディーラーでよくある販促手法ですが、ローン金利をディーラー側が負担することで買いやすくするのです。中小のディーラーではよくある話でしたが、最近は金利自体が安いためあまり耳にしなくなりました。

この車には結局4年乗りましたが、ローンは1年残っていました。当然このままでは売却できなかったのですが、ディーラーに持って行ったところ、100万円で買取をしてくれました。

エンジンに少し手を加えて回転が良くなったことから、中古車市場で人気が上がるとのことでした。

通常お金を借りると最初のうちは金利部分が大きくて、なかなか元本は減らないものです。しかし、金利自体が低かったため元本が最初から低く、支払明細表通りに返済するにしたがって元本が減っていくのがよくわかりました。

毎月の返済日に銀行から引落がされる都度、信販会社から送られてきた返済予定表に線を引いて、元本が減っていくのが楽しみでした。

結婚した家内が住んでいたアパートに遊びに来るたびに「全部なくなったら結婚できるね」と言っていたのですが、売却価格が案外高くて借金の残額を上回っていることが分かったため売却することとしました。

そのお金と家内の貯金で結婚式を挙げました。

貸金業者に貸してもらう記事一覧

フランスの外車を低金利自動車ローンで購入 買取も高いのでお得
ローンは1年残っていましたがディーラーに持って行ったところ、100万円で買取をしてくれました。売却価格が案外高くて借金の残額を上回っていることが分かったため売却。
業者まかせのローン計画は要注意
住宅ローンを業者まかせにしたら、毎月の返済額はアパート時代の家賃にくらべてうんと低めなのですが、その分、ボーナス払いが割合が大きくつらいのです。