原付バイクの購入資金で初めてお金を借りる事に

原付バイクの購入資金で初めてお金を借りる事に

初めてお金を借りたのは18歳の時でした。

大学生になったばかりの私は、公共交通機関で大学に通っていました。でも、通っていた大学は自動車やバイクでの通学率が県内でも断トツ多い学校でした。

そんな中、友達もたくさん車やバイクで通学していて私もみんなが羨ましくてバイクで通いたくなっていました。通学時間を考えても、公共交通機関は遠回りで1時間半かかり原付バイクだと40分で通えたのでずいぶん楽になるので、どんどんバイクで通いたい気持ちが大きくなっていました。

でも、大学生になったばかりの私は免許を持っていませんでした。

なので、同じ境遇の友達とまずは原付の免許を取りに自動車学校へ行くことにしました。

もちろん、自動車の免許とは違い原付だけなので1日講習を受けるだけですぐ免許センターへ行き無事免許を取ることが出来ました。

免許は取れても、次は原付を持っていなかったので買わないといけません。しかし、アルバイトをはじめたばかりの私には貯金がありませんでした。

なので、月々アルバイト代を少しずつ貯めて何ヶ月で原付買えるかなーと計算したりしていました。

そのうち、一緒に免許をとりに行った友達は親がお金を出してくれたようでさっそく原付で通学を始めていました。私の親は、原付は危ないと言って買ってくれることは絶対ありませんでしたので、うらやましいなぁと思いながら頑張ってお金をためよう。と考えていました。

そんな時、祖母に雑談として免許を取った話、友達は原付を買った話、自分は親にはお金を出して貰えない話をすることがありました。

決してお金を出して欲しいと思って言ったわけではありませんでした。

しかし、祖母は私だけバイクが買えないのが気になったのかお金を貸してあげるから買いなさいと言いました。親が買い与えない物を買ってあげることは出来ないから、お金を貸してあげるので毎月少しずつでいいからアルバイト代から返すようにということでした。

そんな感じで、借りるつもりではなかったけど、結果的に私には大金の18万円を祖母に借りる事になったのが、初めてお金を借りた経験になりました。

個人にお金を借りる記事一覧

原付バイクの購入資金で初めてお金を借りる事に
祖母は私だけバイクが買えないのが気になったのかお金を貸してあげるから買いなさいと言いました。結果的に私には大金の18万円を祖母に借りる事になった。
車購入費用のために義理親から100万円を借りる
中古の軽自動車を探しに行き、ちょうど100万円以下で良い車も見つかったので、軽自動車を購入することに。まだ子供が小さいため働きに出れませんが、義理の両親には本当に感謝しています。
専門学校入学費用の70万円をバイト先の社長が貸してくれた
なんと社長が「入学金70万を貸してやるから来年から専門学校に通え」と言ってくれました。返済は仕事に就いてからという約束になり、その翌年から専門学校に通い無事に就職もできました。